お料理とのみごろのお酒 両川 ryosen
 
 
両川スタッフイメージ
 
 
 

ひと手間ふた手間と意外性
そのバランスと飲み頃のお酒
頬が緩み 杯がすすむ

 

ひと手間ふた手間と意外性
そのバランスと飲み頃のお酒
頬が緩み 杯がすすむ

 
 
ryosen image 刺身
ryosen image
ryosen image
ryosen image
ryosen image
ryosen image
ryosen image
ryosen image
ryosen image
ryosen image

 
 

当店は接客の心遣いや
お料理の臨場感を大切にしております。
 
両川の真価は持続性
 2004年から継ぎ足して守る味があります。
 
毎日欠かさずに丁寧に
ひいたお出汁は当店の要の味
 
素材を寝かせじっくりと熟成させる。
 
そして意外性とひと手間かけたお料理を
飲みごろのお酒とともに。

 
 

ある日の料理

 

 

  

網焼き和牛のハラミと筍の鍬焼き

1,500円
 
網焼きされたお肉の香りと筍で春を!
 
 

猪カツ お味噌

1,300円
 
岡山県の天然の猪肉をカツにしました。
自然の風味をお楽しみください。
 
  

赤貝の酢の物

950円
 
少し炙った赤貝に土佐酢とお薬味でさっぱりしてください。
 
 

エビマヨ

1,100円
 
両川お初のマヨネーズ料理
自家製マヨネーズソースと海老の組み合わせ
 

鴨の桜ソース

1,200円
 
桜のソースには塩漬けの桜と葉を使いソースにしました。
当店名物の鴨と大変よく合います。
 
 

ドライフルーツとクリームチーズのサラダ

1,200円
 
色々なドライフルーツと葉物をサラダ仕立てにしました。
クリームチーズにはクエン酸を練り込み、身体に優しいサラダにしました。
 

和牛スジの麻婆

1,050円
 
お出汁で炊い和牛すじを自家熟成の麻婆タレを
絡めて山椒を効かせました。

烏丸御池から徒歩5分
京都らしい昔ながらの町並みにあります。

 
 

 両川 Ryosen

 

 
Instagram
   
Facebook
 
 
ryosen.2004.since (at)gmail.com
 ※(at)を@に置き換えてご利用ください。
 
 
604-0021 京都市中京区押小路通室町
西入蛸薬師町293
 
 
 

11:30~14:00(Close)   
平日 月~金のみ営業(第1・3月休)
(店内)定食 (takeout) お弁当
 
※お昼はお席の予約不可 ※お弁当は予約可
 

18:00-23:00(Close)
※時短営業の指示等により営業時間が異なる場合がございます。
最新の状況はお知らせをご覧ください。
 
定休日 日曜日、第1・3月曜日 (月祝の場合日曜営業)
  ※祝日連休の場合は祝日最終日がお休みです。
(行政の自粛指示等により不定休の可能性があります)
 
(店内)アラカルト 
(takeout / 要予約) お持ち帰り専用メニュー・週末限定弁当
 
 
 
 
_
 
~コロナウィルス感染症予防対策について~
 
(お客様へのお願い)
・行政基準に伴い滞在時間を原則2時間とさせて頂いております。
・入店時に検温させて頂きます。
・ご来店時にアルコール消毒をお願いいたします。
 
(店内の対策について)
・店内の加湿、及び入口ドアを定期的に開閉し換気を徹底しております。
・エアコンに抗ウィルスフィルターを装備し常時オゾンを発生させております。
 
※お料理の取り皿による取り分けが気になる方はコース(お一人づつ出します)をおすすめしております。
 
ご理解とご協力を何卒宜しくお願い致します。
 
_
 
~ご予約のキャンセルについてのお願い~
 
ご予約のキャンセルは必ずご利用日の前日営業日までに
ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
ご予約時間直前及びそれ以降のキャンセル、 またはご連絡を
頂けなかった場合、 当店の判断により、
以後、 両川及び姉妹店澄吉のご予約を
お断りさせていただく 場合がございます。
 
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 
 

X

 
お知らせ
 
  2021.3.24
 
【時短営業終了のお知らせ】
 
京都府の要請解除に伴い、通常営業を再開いたします。
※京都府の要請があった場合には営業時間を変更する場合がござます。予めご了承ください。
 
 
  2021.3.2
 
【宣言解除に伴う営業時間変更のお知らせ】
 
緊急事態宣言の解除、及び京都府の時短要請に伴い
平日夜、以下の営業時間にて再開いたします。
17:00-21:00
ラストオーダー(20:00)
 
 

2020.12.10 

俳優 松重豊さんの書籍「空洞のなかみ」にて
一嬉の鯖煮が紹介されました。 

 

Instagram
 
Instagram
 
Facebook
 
 
Facebook